婚約・挙式の準備

婚約の成立

婚約の成立とは?

 

縁談が進んで、結婚を正式に約束し合うのが婚約です。

 

双方の間で婚約をした証として、日本では『結納を取り交わす』というしきたりがあり、これで正式に婚約が成立したとみられ、世間的にも二人の婚約が認められます。

 

結納は、金品を交換し合うという形式的な儀式ですから、若い人たちに間では、これを嫌って交換しなかったり、経済的な理由から結納を取り交わさないで結婚をするカップルもあります。

 

しかし、結婚を約束しながら、それを証明するものが何もなければ、口約束だけですから、一方的に解消されても文句は言えません。結納は、金品の贈与であっても、それで婚約が社会的に認められる意味を持ち、結婚を具体的に推し進める契機にもなります。

 

結納のいわれは、婚姻関係を結ぶ双方が、ともに飲食する習慣があったことから、『ゆいのもの』といわれ、これが現在に至ったものとされています。

 

結納は、結婚式の前に行われる婚約の儀式ですから、あまり派手なことをする必要はありませんが、形式だけは踏んでおいた方が無難だといえます。

 

なお、中高年の婚活を経て婚約に至ったカップルは、このようなしきたりに通じている事が多いですので、あまり心配いらないかも知れません。

 

結納を取り交わす一般的な方法

 

結納交換に限らず、しきたりというものは地方によって、その方法や内容に大きな違いがありますから、それぞれの地方で受け継がれてきた習慣を大切にすることです。

 

一般的には、次のような方法がとられています。

 

  • 挙式の三か月か半年ぐらい前に交換する
  • 結納交換日を決めるときには、仲人の都合の良い日を優先する。
  • 暦の大安の吉日に行われてきたが、最近では関係者の都合の良い日を選ぶことが多い
  • 古くは両家が別々の死者を立てたが、今では、両家が一堂に会して仲人立会いの下に行われることが多い。
  • 双方の会する場所は、女性宅、知人宅、あるいはホテル、料亭などが多い。
  • 当日は、テーブルの上に双方の結納品を飾り、仲人を中心に両家が向かい合って並ぶ
  • 結納品・目録は、男性から女性へ、女性から男性へという順序で取り交わす
  • 仲人の向上や受け答えの仕方には形式がある
  • 家族書や親族書、健康診断書の交換が済んでいない場合は、結納品の交換の時に白木の祝盆にのせて渡す。
  • 結納品を受け取ったしるしに、相手方に受け書を渡す。
  • 取り交わした結納品、請書は、挙式日まで床の間や飾り棚、サイドテーブルなどの上に飾っておく。

 

なお、最近では結納の新しい形として、エンゲージリングや記念品を交換し合ったり、婚約披露パーティーを開いて婚約を第三者に認めてもらったり、二人の連名で親類や知人に婚約通知を出す簡単な方法もとられています。