司会者を同僚に依頼するときは

司会者はキーパーソン

結婚披露宴の司会者は、媒酌人と同じような大役です。

 

司会者は、披露宴を予定通りに進行させ、雰囲気を盛り上げて、新郎・新婦を始め、招待客にも心から喜ばれるものにしなければならないのです。

 

司会者としては、新郎・新婦をよく知っていて、周囲からも好感を持たれ、機知とウィットにとんだ、話術の巧みな人を選びます。

 

同僚の中にい会社にふさわしい自分物がいたら、口約束だけではなく、結婚する二人が揃って正式に礼を尽くしてお願いします。

 

司会者は、遅くとも挙式の一か月前までには決め、時間的な余裕を持つことが大切です。

 

司会者が決まったら、披露宴の開会から閉会までの式次第と運び方、時間のW利府利などについて、三社で綿密に相談し、何回もの打ち合わせが必要になります。