結婚相手が外国人の場合は?

外国人が結婚相手の場合は相手の慣習に気をつける

外国人が結婚相手の場合は、日本人とは少し異なったやり方が必要になります。

 

さしあたり、一番問題になるのは宗教でしょう。

 

欧米人が相手の場合は、炊いての場合、相手の宗教はキリスト教ですので、日本のように仏式とか神式で行う事は、まずできません。

 

イスラム教の場合は、宗教が同一でないと結婚できませんので、宗教の問題は起こりませんが、このような場合は披露宴を開催することすら難しいでしょう。

 

ただし、日本人は割合、宗教に寛容なところがありますので、相手側の宗教に合わせることが出来ます。

 

ですので、日本人側はそれほど問題する必要はありません。

 

むしろ、相手側の方を重視するよう心がけましょう。

結婚ビザの問題を考える

披露宴を開催するにあたり、困るのがビザの問題です。

 

基本的に、相手側は結婚ビザを申請して、許可が下りていることが前提ですが、稀に許可が下りる前に来日する場合があります。

 

この時は、披露宴のスケジュールに気を配りましょう。

 

開催前に、参加者の在留期間や在留期限を確認し、問題の無いスケジュールを立てましょう。

 

結婚披露宴は非常に多額のお金がかかります。

 

ですので、あまり生半可な気持ちで考えると後で痛い目に遭いますようで気をつけましょう。