結婚式のための休暇についての常識

休暇の取得はお早めに

会社によっては、就業規則で結婚のための休暇を3〜1週間以内などと決めているところもありますが、何の規定もない会社の場合は、上司や人事の責任者に相談して決めます。

 

届出は、なるべく早めにして、休暇中に他の同僚に迷惑をかけないようにするのが、ビジネスマンの常識です。

 

結婚をするとなれば、挙式の日は半年か遅くとも三か月前には決まっているのですから、仕事の段取りも早めにしておきます。やり残しの仕事があるまま休むことになると、同僚に負担がかかるばかりか、本人の属している課や部の全体に迷惑がかかることもあります。

 

急かが決まったら、少なくとも一週間前には一緒に仕事をしている仲間にもそのm根を伝えて、手掛けている仕事があれば、区切りの良いところまで片づけておき、後のことは同僚に頼んでおく心遣いが必要です。

 

また、結婚を機会にこれまで勤めていた職場を退職する女性社員は、会社に迷惑がかからないように、自分の立場や仕事の内容を考えて、早めに意思表示をしておきます。

 

おめでた意識を目の前委にして仕事のトラブルなどを起こさないように、残務整理をきちんとし、引き継ぐべきものは後の人に引き継いで、すっきりと退職します。

 

最低でも、挙式の一か月前までには、退職願を出します。

 

会社の就業規則で、代謝の通知期間を決めているところもありますから、その場合には規則に従いますが、普通は退職の一か月前が常識です。