披露宴へ会社関係者をどのくらい招待するか

関係者を誘うとき気をつけること

結婚式は、キリスト教の挙式以外は、本人と媒酌人、近親者だけで行うのが普通です。

 

披露宴には、会場の広さや予算の関係によっても制約されてきますが、親せき、知人、友人、恩師や先輩、職場の上司や同僚を招きます。

 

披露宴への招待客は、新郎側・新婦側のバランスを考え、ほぼ同数にするのが普通ですから、会社関係者だけを重視するのは考え物です。

 

会社の関係者で招くのは、本人の直属の上司と同僚、同期に入社した仲間の代表です。

 

どんなに親しいからと言って、直属の上司を差し置いて、他の部・課の上司を招いたり、好き嫌いで人選をすることだけは慎むべきです。

 

また、世間体や見えで選ぶと、重要な人が漏れたり、逆にあまり交際もない人まで招待したりして、真実味のない空疎な披露宴になります。

 

お互いの親とも相談して、年齢層も偏らないように人選するのが理想的です。